長崎市社会福祉協議会

〒850-0054 長崎県長崎市上町1番33号
TEL:095-828-1281 FAX:095-828-7236
info@nagasakishi-shakyou.or.jp

社協支部活動(地区社協)

社会福祉協議会支部とは

社会福祉協議会(略称「社協」)は、戦後間もない昭和26年に、民間の社会福祉活動を強化していくために全国・都道府県単位で誕生しました。

そして、ほどなく市町村へ組織を拡大し、福祉活動への住民参加をすすめながら、現在まで一貫して地域福祉活動の推進組織として中心的な役割を果たしてきました。

特に、平成12年6月7日から、『社会福祉事業法』が『社会福祉法』に改正され、社協は地域福祉の推進を図ることを目的とする団体として位置付けられました。

地域の中には、自治会、民生委員、老人クラブ、子ども会、婦人会など各種の住民組織がそれぞれの年齢や目的ごとに、「自分たちの住む地域が安心して暮らしていける」ための活動を行っています。

社協支部は、これらの住民組織の理念である「住みよいまちづくり」を結集して、無理なく自由に福祉のまちづくりに参加してもらう「調整役」として、おおむね小学校区又は連合自治会の区域ごとに組織されています。

以上のことから、『社協支部』とは、

  1. 地区内における地域福祉の推進を図ることを目的とした団体である。
  2. 地区内の自主的な福祉活動の中核となり、住民が参加しやすい福祉活動を促進する実践団体である。
  3. 地区内に潜在化する保健福祉上の諸問題を地域団体の協力と努力によって解決しようとする、地域住民みんなの意志によってつくられた、公共性、公益性の高い任意団体である。ということが言えます。

支部はなぜ必要か

chikushakyou1

地区内には、各種の住民組織があり、それぞれの組織が固有の目的をもって、『住民のしあわせづくり』に通じる活動を行っていますが、地域で起きている生活上の問題は、複雑かつ多様化しています。

例えば、青少年問題を取りあげてみても、家庭崩壊、教育問題、人間関係における疎外感・地域環境等の多くの要因が複雑に絡みあっています。このような問題は一個人や一機関・団体で取り組んでも表面的な解決に終わりがちになることもあります。そこで、これらの地域の生活上の問題を解決するために、その地域の住民自身が自発的に参加できる場をつくり、さらに地域の各団体や機関がその問題を共有し協力体制をつくり、解決を図っていくことが必要になっています。

支部の組織(構成)

shibu

社協支部は、そこで暮らす住民の参加と協力によって活動を進めていきます。

そのための組織は、連合自治会、地区民生委員児童委員協議会をはじめ各住民組織が土台となり、社会福祉や保健・医療・教育などの関連分野の関係者、さらには他のさまざまな専門家・団体機関などにより幅広い範囲から構成するのが望ましいと思われます。

社協支部の事業(活動)

支部事業においては、地域の既存活動とのタイアップあるいは市社協が助成する活動など各支部ともそれぞれ地域の実情にあった活動を行っています。

支部活動一覧(活動状況抜粋)

chikushakyou2

  • 食事サービス(独居高齢者)
  • 敬老会
  • ゲートボール、グランドゴルフ大会
  • 独居高齢者愛の一声運動
  • 慰問金(品)の贈呈(寝たきり高齢者)
  • 高齢者のつどい
  • 年賀状の送付(独居高齢者)
  • 長寿者への記念品贈呈
  • 独居高齢者食事会
  • 演芸大会
  • 高齢者と児童との交流会
  • 高齢者安全杖配布
  • 配食サービス(独居高齢者)
  • 健康教室
  • 長者番付表作成

児童・青年福祉活動

  • 各種スポーツ大会〔綱引き、ソフトボール、ウォーキング、ウォークラリー、ほか〕
  • 交流会〔ラジオ体操、映写会、ゲーム大会、遊びのつどい、子ども料理教室、文化祭〕
  • 高齢者との交流事業〔幼稚園児との遠足、七夕祭り、伝承あそび、餅つき、子どもの日事業、文化祭、家庭訪問〕
  • 子育て支援〔育児教室、子育てサロン〕
  • 児童養護施設、保育園との交流

障害児・者活動

  • 在宅身障害児への慰問
  • 施設訪問

地域全般の活動

chikushakyou3

  • ふれあい広場(盆踊り、祭りほか)
  • ネットワーク活動
  • 福祉講演会、講習会、研修会
  • 支部だよりの発行
  • 各種スポーツ大会(球技、マラソン、運動会)
  • 公園、花壇の整備
  • 地域伝統行事(おんのほね)
  • 赤い羽根、歳末たすけあい等の募金への協力

【広報誌】

地域なんでも情報局(最新号・バックナンバー)

公開日:
最終更新日:2016/06/22